とちぎ探訪

とちぎ探訪 · 2018/05/27
壬生町は、栃木県の中央からやや西南部、下都賀郡の北部に位置します。町域は南北に長いひし形を示し、黒川と思川がつくった複合扇状地の末端部にあたります。関東平野沖積地の北端最上部でもあり、各所に湧水を分布させ、南は豊かな水田地帯、北は台地上の畑作地がはるかに連なります。特に、扇央部ではイチゴやかんぴょうを培くみ「壬生町」の特産品として有名になりました。 地理的性格は、南日本と北日本の境界線上にあり且つ、北関東のほぼ中央、すなわち気候上も自然地理上も日本の中間的位置にあるといえます。

とちぎ探訪 · 2016/05/01
——rental;wikipedia–三つ巴 壬生氏家紋   https://goo.gl/Kcz8fk 【壬生氏の出自】 壬生氏の出自は諸説あるようです。...

とちぎ探訪 · 2015/11/22
rental;wikipedia 藤原秀郷 https://goo.gl/4PxknT...

とちぎ探訪 · 2015/07/07
rental;wikipedia : File:Shimotsuke Kokucho Ruins maedono.JPG 【下野国の成立】 律令制度の古代五畿七道、畿内より遠国として位置つけられる東山道に属する下野国は、律令国家の確立過程において、渡来人の移配地として多文化交流が盛んになり、先進的な技術や文化がもたらされたと「日本書紀」にあります。...

とちぎ探訪 · 2015/05/29
復元回廊・・回廊の北西角部分 【下野市】...

とちぎ探訪 · 2015/01/07
富士山古墳出土 家形埴輪 【とちぎ探訪】壬生町羽生田 年末に、羽生田古墳群を散策しておりましたところ、茶臼山古墳入口にて当地区古墳群マップが配布されておりました。そこで、当該資料に基づき当地区古墳群解説の概要を転記します。 羽生田地区の古墳群...

とちぎ探訪 · 2014/12/04
【とちぎ探訪】壬生町羽生田 いにしえの王国羽生田には数多くの首長墓級大型古墳が築造されました。 国指定史跡の茶臼山古墳(6世紀後半)をはじめ、周辺に富士山古墳、長塚古墳、桃花原古墳、亀の子塚古墳、判官塚古墳(鹿沼)があります。 特に茶臼山古墳は丘陵の先端に築かれていて二段重ねの前方後円墳として総全長は140mにも達します。...

とちぎ探訪 · 2014/11/12
市川市の須和田で発掘された「須和田式土器」 【とちぎ探訪】壬生町羽生田 壬生町の縄文時代の遺跡として、中期から後期にかけての土器が多く出土する八剣(やつるぎ)遺跡と上田遺跡があげられます。 弥生時代に入ると遺跡の数は極端に減少する傾向にあるようです。 弥生時代はわずか数百年程度と短期間ですが、社会・政治上の変化は大きい時代でした。...

とちぎ探訪 · 2014/11/07
【とちぎ探訪】壬生町福和田 福和田は、壬生町のほぼ中部、黒川の東側に接する小高い台地に位置し、南北に走る県道172号線沿いを中心にのどかな町並みが続いています。 明治22年に町村制施行により旧上稲葉村と旧福和田村等が合併し稲葉村となり、昭和29年稲葉村が壬生町と合併し壬生町大字福和田となりました。

とちぎ探訪 · 2014/11/04
八剣遺跡出土 土偶土器の把手(トリの背にヘビが表現されている) 【とちぎ探訪】 壬生町 壬生町八剣(やつるぎ)遺跡は北関東自動車道の建設に伴って発掘調査が行われました。 その結果、縄文時代後半(今から4,500 〜 2,500 年前頃)の大きなムラの跡であることがわかりました。 たくさんの土器の他、土偶も発見されました。...

さらに表示する